メディックスセンター

~医療福祉相談スペシャリスト



Created with Sketch.

病気や怪我をしたことによって、今までの生活が困難になってしまうこともあります。医療、福祉、介護、法的な制度活用など、個々の生き方を中心に考えたサービスの提供が可能です。サービスの内容は、多岐に渡りますので、一例を下記に掲載しますので、一読下さい。元来、医療ソーシャルワーカーとして活動してきた「認定医療社会福祉士」が独立してサービス提供する初の試みであります。

<御挨拶>
多職種連携、地域包括ケアが求められている中で、キーマンになる人の存在とは、患者様であり、専門職の中であれば、調整役のソーシャルワーカーであると考えます。病院、クリニックなどに常駐しているMSWは、その組織の管理下で業務遂行しなければならないため、退院援助がメインになるケースも少なくありません。


当方では、独立のソーシャルワーカーの仕事は多岐に渡ると考えています。医療を受ける患者様にとってよりよい生活、転院、退院後の未来設計を立てて、医師、看護師、リハビリ、ケアマネージャーなどとカンファレンスしていくことが多くあります。ソーシャルワーカーの中には、入院、入所相談時だけ対応のソーシャルワーカーもいます。それだけの支援だけでなく、私共のソーシャルワーカーの事業は、独立するため、クリニックから大学病院など、さまざまなケースにてスキルアップしてきました。今、独立したMSWとして、やりがいを持てる仕事であると自負しています。

医療・福祉・介護・終活など、縦割りの業務ではできないような事柄を、ワンストップで解決できるサービスを提供させて頂くことで、より多くの方を支援サポートしていくことが、当方メディックスセンターの役割と考えています。
今後、皆様の価値ある生活になるために寄り添って参りますので、
宜しくお願い申し上げます。

Created with Sketch.

プロジェクト


  メディックスセンターでは、認定医療社会福祉士として、患者様の転院問題など、ニーズに合わせて、病院などとの連携がスムーズにいくよう、よりよいケアを提供しています。患者様はもちろん、MSW、退院調整Ns、ケアマネージャーの皆様に、当方をより活用して頂きたいと考えております。
  また、法人様には、ベッドコントロール=稼働率アップ、患者満足度、身元保証に関する業務、医療福祉のマナー研修など、人材育成のサービス提供も 行っています。
 



Created with Sketch.

転院・退院支援、受診同行など何でも御相談下さい。

「あなたの街の医療相談室」

 認定医療社会福祉士とは?

<信念>

誇りと愛着をもって業務に取り組む我々にとって、クライアントの目標達成こそが我々の仕事満足度を向上させてくれるものです。
詳しいサービス内容についてはお気軽に御連絡ください。


‐ We can do it ‐ 

当方では、ワンストップサービス、専属ソーシャルワーカー、と自負しています。地域社会にたくさんの社会資源がありながら使いこなせていない現状があります。多職種連携と言いつつも、繁忙な業務の中で難しいケースもあります。いかなるケースの支援にも携わらせて頂き、老若男女、年齢問わず、
誰しもが素晴らしい日々を送れるよう、サポートさせていただくため、

精進していきます。

Q:どんな相談ができるのでしょうか?
→  一例ですが、下記の表を参考にしてください。
医療保険外・介護保険外のサービスです。

Q:費用はどのくらいかかりますか?
→ 案件によって価格は変わります
 

一括請求のケースは、例えば、障害年金の申請代行など。

単発相談に関しては、1時間 3,000円~になっています。(応相談)

初回相談は、無料で行っております。

   

私たちは最大限のアウトプットを追求します。
御要望に合わせて当方が寄与できる付加価値を常に提供します。



下記は、一例になります。

通院・入院・退院・転院
これからどうすべきかわからない方向け

ソーシャルワーカー顧問(業務提携)
医療機関、クリニック、医局付け、
施設、企業など

子供の予防接種など、検診に連れて行って欲しい
(小児科との連携)

病院や施設に、入院・入所している。
自宅に帰りたい。どうすべきかわからない方

・在宅生活から、入院を希望している
・回復するために、リハビリ強化したい
・これからどうすべきかわからない方

セカンドオピニオン

医師との話に同席することで、病気への理解を深めることが可能

社会福祉制度の紹介から、申請代行

個々に合った福祉制度を活用できるように迅速にサポートすることが可能

福祉機器・用具
選定、購入へのアドバイス、 
また、利用施設での導入への仲介対応

介護保険外の利用

例えば、通院同行(医師との話を代弁し、家族へ報告する。専門職としての介入)

介護保険と自立支援制度のグレーゾーンで、
サポートが必要な方への御提案

入院、入所したいが金銭面の不安

適切な場を御紹介することが可能

後見人、身元保証について

急遽、入院となった際に、家族へ迷惑をかけたくない、気持ちを当方で全面サポート

ひきこもりの方へ

ひきこもっていて、社会に出られない方へのあらゆる対応

介護保険が使えない患者様

お住まいの地域に使えるサポートを探し、マッチングしていく

透析・化学療法など

透析治療など、継続治療が必要な患者様の心のケア、生活・食事面のサポート

病気と仕事の両立
治療を続けながら、社会生活を続けるために必要な事柄のアドバイス

遠隔にお住まいの両親へ

安否確認、医療介護ケアが適切に入っているかサポートしていくことが可能

医療、介護事業所との連携の中心となり、患者様をよりベターな生活が可能になる

患者様ご本人とのお話相手

患者様本人、ご家族へのカウンセリング

退院後、老後の住まうところ探し

旅行など、必要なケアについて多職種連携による目的達成

すべての方の悩み相談、カウンセリング

障害児の心のケア、学びのサポート、生きていくための支援
(通学、生活学習支援など)

会社を続けたいが、カウンセリングを受け、専門家の意見を聞きたい。
産業医との連携も可能です。

退院後の物件探しのお手伝い
生活するための最低基準を網羅したサポート

退院後の物件探し、終活のお手伝い

講師の御依頼(テーマは御要望にお任せします)
取材関係について

medix-c